ローン契約と一言で言っても金融商品としては様々な種類が展開されているます。使い道自由のフリーローン、マイカーローン、住宅ローン、学費ローンなど目的別ローンも含めて様々な種類があります。

つまり、借り入れをするときはそれぞれ目的があるかと思われますが、目的に応じて必要なローン契約を使い分けることによって金利面でも有利になったり、返済にも負担を減らすことが出来ます。

例えばフリーローンの場合は用途を制限されない分基本的な金利が高めに設定されています。

それに対して目的別ローンは借り入れをするための理由以外に借入金を利用することが許されないため、目的を制限している為金利も低く設定されていることが多いのです。

その代わり一度の借入額が高額であることが殆どです。

ですが同じ額をフリーローンで借り入れしようと思えば利息分が何倍にも膨れ上がる場合もあるのです。つまりただ一言でお金を借りると言っても目的と金融商品を見定めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です