フリーローンに限らずではありますが借り入れしたお金は早く返済することによって返済総額を抑えることが可能です。

というのも通常金利は借り入れしている日数で計算される日数計算方式というものを採択しているため、返済にかかる日数が短ければ短いほど金利分の支払が少なくて済むのです。

特にフリーローンは自由に使い道を決めても良いという条件を出す代わりに金利が目的別ローンよりも高めに設定されているため、返済をズルズルと先延ばしにしてしまうとそれだけ金利が発生して返済額を増やしてしまうことになりかねません。

そうならないようにするためにもできるのであれば早期のうちに一括で支払うか、それが不可であれば延滞を起こさないように一回の返済額を出来る限り多くして早めに返してしまうのが得策なのです。

最近は金利を気にせず利用してしまう方が増えているようでそのために債務整理をせざるを得ない方が続出しているようですが、自分の信用情報に傷を付けないためにも返済はスムーズに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です